M.2 SSD追加でNASにもなるWANポートを2ポート搭載の無線LANルーター

Home » 媒体 » ASCII.jp » M.2 SSD追加でNASにもなるWANポートを2ポート搭載の無線LANルーター
ASCII.jp, IT・インターネット コメントはまだありません



ASUS「BRT-AC828」

2017年08月11日 23時51分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 ASUSから、WANポートを2ポート搭載した転送速度最大1734Mbpsのオフィス向けデュアルバンドWi-Fiギガビットルーター「BRT-AC828」が登場。ツクモパソコン本店とTSUKUMO eX.で販売中だ。



転送速度最大1734Mbpsのオフィス向けデュアルバンドWi-Fiギガビットルーター「BRT-AC828」。2.4GHz帯で最高100メートルの電波到達距離を可能にする

 「BRT-AC828」は、最大1734Mbpsの高速な転送速度と2.4GHz帯で最高100メートルの電波到達距離を誇り、広い範囲をカバーするオフィス向けデュアルバンドWi-Fiギガビットルーター。4本の外部アンテナ(4×4構成/送信×4、受信×4)とMU-MIMOへの対応によって、高速で安定したWi-Fi環境を実現した。

 また、WANポートを2ポート搭載し、最大2GbpsのWAN帯域を実現。帯域拡張のほか、冗長性のあるインターネット接続を可能とする。そのほか、無料のフリーWi-Fiスポットを開設し、案内ページを用意して、そこから自社サービスのプロモーションページに誘導するといった使い方もできるという。



本体裏面にはM.2スロットを搭載しているため、対応SSDを搭載すれば高速なNASとして使用できるのも特徴

 基本スペックはCPUがQualcomm「IPQ8065」、フラッシュメモリーが256MB、メインメモリーが512MB。8つのギガビットLANポートはLink Aggregationに対応。最大4Gbpsの転送速度を提供する。なお、本体裏面にはM.2スロットを搭載しているため、対応SSDを搭載すれば高速なNASとして使用できるのも特徴。

 そのほか、対応WiFi規格はIEEE 802.11ac/a/b/g/n。サイズは190(W)×300(D)×49.5(H)mmで、重量は950g。価格は3万9800円(税抜)だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ







コメントを残す