「ふるさとテレワーク」は地方を救うか!?

Home » IT・インターネット » 「ふるさとテレワーク」は地方を救うか!?
IT・インターネット, ビジネストピック コメントはまだありません




  • 田澤由利氏に訊く「ふるさとテレワーク」が絶対必要なワケ

    2016年04月25日 06時00分

    すべての企業に想像してみてほしい

    事業継続の観点から、近い将来「ふるさとテレワーク」は必須となる。すべての企業に一度想像してみほしい。決して他人事ではないはずだから。



  • 北見市が進める人材回帰戦略、オホーツク海の「サケモデル」

    2016年04月15日 06時00分

    自然遺産の知床でテレワークはいかが?

    壮大な大自然を背景に実施された「北海道オホーツクふるさとテレワーク」。この取り組みをきっかけに進める、北見市の人材戦略、通称「サケモデル」とは――?



  • 廃校からテレワークと地方創生へ、高畠町の「熱中小学校」

    2016年04月01日 06時00分

    移住は難しくとも、気軽な人の流れを

    2015年、閉校の相次ぐ過疎地に突如「熱中小学校」という強烈なコンテンツが生まれた。山形・高畠町のふるさとテレワークは廃校再生のこの場で行われた。それは地方創生・高畠モデルの幕開けでもあった。



  • 生産性、急上昇!これぞ景観美の南紀白浜テレワーク

    2016年03月25日 06時00分

    会議やチームワークの意識も激変

    和歌山県白浜町のふるさとテレワークは、小高い丘から真っ青な海が見下ろせる施設で実施された。これぞ景観美。ワークとライフのメリハリが付き、生産性は大幅に向上したという。



  • 県内全域へ、長野3市町村が切り開いた「地域テレワーク」

    2016年03月18日 06時00分

    塩尻市・富士見町・王滝村が連携

    長野県塩尻市・富士見町・王滝村の「ふるさとテレワーク」では、県全域への普及展開も視野に、異なる環境での連携実証が行われた。



  • 若者の「地元で働きたい」、テレワークで叶える大船渡市

    2016年03月11日 06時00分

    「二拠点居住」という考え方

    岩手県大船渡市の「ふるさとテレワーク」は、若者の流出を抑え、地域人材拠点の確立を目指して実施された。



  • テレワークで加速!会津若松で急成長する「データ分析産業」

    2016年03月04日 06時00分

    邪魔なのは「本社」という格差概念

    総務省が進める「ふるさとテレワーク」は地方を救うか。データ分析産業も立ち上がりつつある「会津若松市」の取り組みをレポートする。



  • 人口急減、育児、地方創生――総務省「ふるさとテレワーク」の狙い

    2015年09月28日 09時00分

    取り組まざるをえない社会的背景とは?

     総務省の「ふるさとテレワーク」が始まった。地方に暮らしながら、地方の仕事を奪わず、都会と同じ“いつもの仕事”を実現する。その実証実験が全国15地域で実施される。大事なのは、地方創生は流行りだからや…



  • コメントを残す