AM4対応APU「Bristol Ridge」こと「A12-9800E」と「A10-9700E」が発売

Home » 媒体 » ASCII.jp » AM4対応APU「Bristol Ridge」こと「A12-9800E」と「A10-9700E」が発売
ASCII.jp, IT・インターネット コメントはまだありません



AMD「A12-9800E」と「A10-9700E」

2017年09月01日 23時11分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 コードネーム「Bristol Ridge」と呼ばれていたAMDの第7世代APU「A12-9800E」と「A10-9700E」の販売が今日からスタートした。約1年前にデビューしたAPUで、すでにBTO採用品としては販売が始まっていた製品だ。



コードネーム「Bristol Ridge」ことAMDの第7世代APU「A12-9800E」と「A10-9700E」

 どちらの製品もCPUコアにExcavatorを採用、グラフィックス機能にはRadeon R7を内蔵するAPU。対応ソケットは後発のRyzenと同じSocket AM4で、AMD 300シリーズのチップセット搭載マザーボードで利用できる。

「A12-9800E」と「A10-9700E」。対応ソケットはRyzenと同じSocket AM4。マザーボード側に用意されているグラフィックス出力が利用できる

 主なスペックは、「A12-9800E」が4コア、4スレッド、クロック3.1GHz(TC時3.8GHz)、キャッシュ2MB、TDP35W。「A10-9700E」が4コア、4スレッド、クロック3.0GHz(TC時3.5GHz)、キャッシュ2MB、TDP35W。対応メモリーは、DDR4-2400。



Socket AM4初のAPUということで、ある程度の存在感はありそう。とはいえ本命はRyzen版APUとなる

 価格は「A12-9800E」が1万3500円(税抜)、「A10-9700E」が1万800円(税抜)。パソコンショップアークやドスパラ パーツ館、パソコン工房秋葉原BUYMORE店、ソフマップAKIBA②号店 パソコン総合館、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ







コメントを残す