順位比較で異常値を見つける──住中先生の「ビジネス極意」

Home » IT・インターネット » 順位比較で異常値を見つける──住中先生の「ビジネス極意」
IT・インターネット, ビジネストピック コメントはまだありません

ビジネス極意、エクセルデータ分析のコツと手法
第4回

ビッグデータにも応用できるExcelデータ分析の基本 4

2014年05月09日 09時00分更新

文● 住中光夫/アスキー書籍編集部

 第1~3回では、売上データをExcelでピボットテーブルにし、さらにそれをグラフ化して、データの傾向や問題点を把握する手順を紹介しました。

 この第4回では、ピボットグラフを作りそこで異常値を見つける手法を解説します。

 ここでは、KADOKAWA刊の『ビジネス極意シリーズ エクセルデータ分析のコツと手法』(住中光夫 著)から、Excelビジネスデータ分析の基本を全6回の連載形式で解説していきます。

グラフ分析ではまず「異常値」を分析する

 グラフ分析の基本は、異常値を分析することから始めます。急激な落ち込みや伸びなどの「異常値の要因」は何かを検討するのです。ここでは、グラフから異常値を発見し、分析する方法を解説します。

売上高と粗利高を比較した異常値
このグラフは、得意先別の売上高順に粗利高を並べて比較したグラフです。ここでの異常値は、A社、B社の粗利高です。A社の粗利率が低いのか、B社が逆に高すぎるのか、全社平均の粗利率の数字と比較して、その実態と原因を分析します。

異常値分析の進め方

グラフでの異常値分析の進め方には、「基本分析」、「比較分析」、「平均比較分析」、「傾向比較分析」、そして「ベスト・ワースト分析」の5種類の方法があります。本稿では、傾向比較分析の1つである「順位比較分析」を紹介します。

■Amazon.co.jpで購入



この連載の記事

コメントを残す