ピボットグラフで要因分析を行う──住中先生の「ビジネス極意」

Home » IT・インターネット » ピボットグラフで要因分析を行う──住中先生の「ビジネス極意」
IT・インターネット, ビジネストピック コメントはまだありません




ビッグデータにも応用できるExcelデータ分析の基本 3

2014年04月24日 09時00分更新

文● 住中光夫/アスキー書籍編集部

 第1~2回では、売上データをExcelでピボットテーブルにし、さらにそれをグラフ化して、データの傾向や問題点を把握する手順を紹介しました。

 この第3回では、ピボットグラフを操作して、全体から個別に向かって問題の要因をさぐっていく手法を解説します。

 ここでは、KADOKAWA刊の『ビジネス極意シリーズ エクセルデータ分析のコツと手法』(住中光夫 著)から、Excelビジネスデータ分析の基本を全6回の連載形式で解説していきます。

「逆トーナメント手法」で要因を見つけ出す!

逆トーナメント手法は、落ち込みや成長の一番顕著なものだけを、あみだくじのようにドリルダウンして行う要因分析手法です。落ち込みなどの原因を探すには、もっともシンプルでわかりやすく、誰でも行えることが特徴です。

逆トーナメント手法の流れ
同じ動向をあみだくじのようにたどっていく「要因分析」

ドリルダウン分析とは

ビジネスデータ分析は、「ドリルダウン分析」と「ドリルアップ分析」を実施して進めます。問題点などの要因や原因を分析するときによく利用される手法が、「ドリルダウン分析」です。ドリルダウン分析とは、ドリルで穴を深く掘るように、大きな事柄から詳細な事柄へと分析を進めていく方法です。

■Amazon.co.jpで購入









コメントを残す