「メスがペニス持つ昆虫」日本人らの研究にイグ・ノーベル賞

Home » 媒体 » ITmedia » 「メスがペニス持つ昆虫」日本人らの研究にイグ・ノーベル賞
ITmedia, IT・インターネット コメントはまだありません



ニュース

» 2017年09月15日 13時27分 公開



「イグ・ノーベル賞」の2017年の受賞者が発表され、生殖器の形が雌雄逆転した昆虫を明らかにした、日本人らの研究が生物学賞を受賞した。



 ユニークな研究に贈る「イグ・ノーベル賞」の2017年の受賞者が9月15日に発表され、生物学賞に、生殖器の形が雌雄逆転した昆虫の存在を明らかにした、北海道大・吉澤和徳准教授、慶應義塾大学・上村佳孝准教授などによる国際研究チームが選ばれた。日本人の受賞は11年連続。

画像
赤い部分が「メスペニス」、先端に受精嚢の入り口が開き、精子を受け取る=ニュースリリースより


画像

 この昆虫は、ブラジルの洞窟に住むチャタテムシの1属で、「とりかへばや物語」にちなんで「トリカヘチャタテ」と名付けられた。

 メスがペニスのような交尾器を持ち、オスに挿入することで交尾を行う。この「メスペニス」の根元には多くのとげが生えており、約40〜70時間と長い交尾時間中、メスはオスをしっかり拘束して精子を受け取るという。

 吉澤准教授らは「洞窟で調査中」のため授賞式に出席できなかったが、洞窟で撮影されたビデオメッセージが会場で流れた。ビデオメッセージで吉澤准教授は「世界中の辞書には、ペニスは男性のものと書かれているが、われわれの発見により、すべての辞書が時代遅れになった」などとコメントし、会場をわかせた。

画像
洞窟からビデオメッセージを寄せた吉澤准教授(中)ら

 イグノーベル賞は、1991年に米国の雑誌「Annals of Improbable Research」が創設。人々を笑わせながらも考えさせる業績をたたえ、並外れたものや想像力を称賛し、科学、機械、テクノロジーへの関心を刺激するために制定された。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

‘; cX = cX || {}; cX.callQueue = cX.callQueue || []; cX.callQueue.push([ ‘insertAdSpace’, { adSpaceId:’0000000163d46a3f’, width:500, height:300, initialHorizontalAdUnits:1, initialVerticalAdUnits:1, resizeToContentSize:true, renderTemplateUrl:’//cdn.cxpublic.com/20170830inread.html’ } ]);
};
var view_ng = function(){ // console.log(‘ptag の数が ‘ + e_ptags.length + ‘ で ‘ + set_position + ‘ に満たないため広告表示なし’);
};
if(e_body){ // console.log(‘step1 : id cmsBody : ok’); e_inner = e_body.getElementsByClassName(‘inner’)[0]; if(e_inner){ // console.log(‘step2 : class inner : ok’); e_nodes = e_inner.childNodes; for(var i = 0; i = set_position){ view_ok(); }else{ view_ng(); } }
}
})();






コメントを残す