アシスト、ウェブアプリ向け超高速開発基盤を提供

Home » IT・インターネット » アシスト、ウェブアプリ向け超高速開発基盤を提供
IT・インターネット, ZDNet Japan コメントはまだありません



 アシストは9月15日、超高速開発基盤「AEDAN(えいだん)内製パックWebアプリケーション開発版」の提供を開始した。サブスクリプション方式で提供され、最小構成価格は初年度月額29万5900円(税別、契約は1年単位)から。

 米Progress Softwareが開発するルールエンジン「Progress Corticon」と、キヤノンITソリューションズが開発提供するウェブアプリケーション自動生成ツール「Web Performer」を組み合わせたもの。

 Progress Corticonは、意思決定の自動化を支援するルールエンジン。ビジネスルールの変更をコーディングレスでシステムに反映することが可能で、開発や変更に費やされる作業時間を短縮する。

 Web Performerは、ノンプログラミングでウェブアプリケーションを自動生成する開発ツール。コーディングの自動化により、品質の均一化と開発期間の短縮が可能となっている。

 AEDAN内製パックWebアプリケーション開発版では、Progress CorticonとWeb Performerを組み合わせることで、システム開発の高速化に加え、柔軟性と保守性の高いシステムの構築を実現するとしている。

 具体的には、Progress Corticonでビジネスルールをアプリケーションから切り離すことによってシステムの柔軟性を向上させ、Web Performerで開発者のスキルに依存しない高速で高品質なアプリケーションを開発することで、ウェブアプリケーションの内製化を強力に推進する。






コメントを残す