フィットネスクラブ新潮流、「VR」「低酸素」で楽しくラクに鍛える!

Home » IT・インターネット » フィットネスクラブ新潮流、「VR」「低酸素」で楽しくラクに鍛える!
IT・インターネット, ダイヤモンド・オンライン コメントはまだありません



近未来都市を疾走!
疑似体験が味わえるVRサイクル

 国内のジム業界の市場規模は、2015年に売上高4381億円、施設数4661軒、会員数421万人と史上最高を記録し、近年伸び続けている(クラブビジネスジャパン調べ)。中高年の定着率向上や子ども向けスクールの開講で成功していることが主な要因だ。しかし、ミレニアム世代と言われる若年層の取り込みは思うように進まず、課題となっている。

ハイテクVRサイクル「THE TRIPのスタジオ内には、据え置き型のバイクがずらり40台以上。前方に設けられた大型スクリーンが特徴的だ

「若年層は入会してもすぐに辞めてしまう傾向がある。単に健康になったり、体が鍛えられたりする以外のエンタメ系の要素でつなぎとめることが必要」と、フィットネスクラブを全国展開するルネサンスの萩田雅彦・新業態推進部長は話す。

 そのルネサンスが、若者が集まる渋谷で、世界的に有名なフィットネスチェーン「レスミルズ」のプログラムに特化し、3月19日にオープンする店舗が「サイクル&スタジオR」。そして、目玉として導入されるのが、バーチャルリアリティ(VR)サイクル「THE TRIP」だ。これは、前方に設置された幅12m、高さ2.7mの湾曲した大型スクリーンに、近未来都市や砂漠、森などの“VRアニメ”が映写される中、集団で据え置き型バイクを40分間こぎ続けるプログラム。国外では既にロサンゼルス、パリ、香港などで導入されているが、日本には初上陸だ。

 実際はどのようなものか、マスコミ向け体験会で筆者が試してみた。密閉された暗いスタジオ内には据え置き型のバイク40台以上が、数列に分かれてずらりと並ぶ。その光景だけ見れば、以前本コーナーでも紹介し、日本で暗闇系バイクブームを起こしたフィールサイクル(記事はこちら)に似ている。だが、大きく異なるのが、前方に視界を覆うように設けられた大型スクリーンの存在だ。早速サドルにまたがり、専用シューズを履いてペダルに足を固定し、VRサイクル初体験に臨んだ。

 スクリーンには、バイクの漕ぎ手の目線で、漕いでいる最中に見える風景を想定して作られたアニメ映像が流れる。仮想の近未来都市や自然の中を、上下にアップダウンしたり、左右に曲がりくねったりする道路がスピード感一杯に眼前に迫る。その映像を見ながらバイクを夢中でこぐことで、まるで都市や自然を疾走しているような臨場感を堪能できた。開始10分程度で、汗が滝のように流れ、息もかなり上がったが、その後も何とか漕ぎ続けられたのは、VRアニメの楽しさによって、きつさを紛らわすことができたからだ。

標高2500mの環境を都心で再現
高地トレーニングを格安で!

 専用のゴーグルを装着して完全に外部の視界を遮って映像を見るVRに比べると没入感は少ないが、それでも坂を駆け下りる映像では、体がフワッと浮遊するVRならではの感覚を味わえた。バイクに備え付けられた負荷を調節するハンドルで、上り坂の映像では負荷を大きくして立ちこぎを行い、下り坂では小さくして足の回転を限界まで高速化してこぐなど、映像に合わせてこぎ方を変える点も工夫があって面白い。

スクリーンは視界を120度カバーできるように湾曲しているため、その映像の中を自分が走っていると錯覚するような臨場感が味わえる

 40分間バイクをこぎ続けて終了した時には、やり切った充実感とともに「楽しかった」という感情が自然にわき出てきた。テーマパークのアトラクションか、あるいは1本のショートムービーを堪能した後の感覚に似ているかもしれない。これは、エンタメ系の要素を高めたVRサイクルならではの醍醐味だろう。飽きさせないために、3ヵ月ごとに新しいVRアニメ映像が投入されるという。若い世代の関心が高いVRを用いた新プログラムが、会員増にどれだけ寄与するかが注目される。

 一方、一般人でも手軽に低酸素トレーニング(高地トレーニング)を実践できる施設として、昨年12月に開業したのが「ハイアルチ三軒茶屋スタジオ」だ。

 主にアスリートを対象とした同様の施設は国内にも数ヵ所あるが、利用料金は月額3~4万円程度と高い。それに対し、ハイアルチは低酸素室を作るための専用機器を開発するオーストラリアのメーカーから比較的安価に機器のOEM供給を受けているため、月4回コース(平日10時~17時)であれば月額1万円(税抜)と、一般でも気軽に利用できる料金であることが利点だ。

 大多数の日本人の生活環境では、空気中の酸素濃度は約21%だが、これが標高2500mになると約15%に低下する。

 ハイアルチではその標高2500mの環境を再現した低酸素室を設け、その室内で特注のトレッドミルを使ってウォーキングやランニングを行う至極シンプルなエクササイズを行う。低酸素トレーニングというと、ダクト付きのマスクを口に着用して行うイメージがあるが、ここでは、部屋全体を低酸素環境にしているため、マスクは不用で通常のジムと同じ格好で運動できる。

 運動時間は30分と時短設定だが、低酸素環境のため、約2時間運動したのと同じ運動負荷がかかるというから、忙しい現代人向きだ。また、室内では通常より酸素が取り込みにくくなるため、体がその環境に適応しようと、酸素を運ぶ赤血球と、炭水化物や脂質を燃やしてエネルギーを生成するミトコンドリアの数が増加。すると、酸素運搬能力が高まることで、持久力の向上や疲れにくい体を作ることにつながり、さらに活性化したミトコンドリアが体内の炭水化物や脂肪をより多く燃やすため、ダイエット効果も期待できる。

赤血球とミトコンドリアを活性化
効果は数日~1週間も持続

 ミトコンドリアの活性化は運動後も2、3日~1週間は続くそうで、その間は通常の生活をしているだけで脂肪燃焼しやすい状態が継続するという。週1~2回定期的に利用すれば、効果が持続することになる。このジムに通って低酸素室で歩いたり、走ったりするだけで、1ヵ月で4kgも痩せた利用者がいるそうだ。女性の場合、肌の新陳代謝が活発になるため、運動翌日からの化粧の乗りが良くなるという声も多く寄せられているという。

外部から密閉された低酸素室に入って歩く、走るなどのトレーニングを行う。室内の酸素濃度はだいたい富士山の7合目と同じ。ただし、気圧は平地と同じ常圧のため、高山病の心配はないという

 ハイアルチも筆者が実際に体験してみた。まず当日の体調を問うチェックシートを記入し、スタッフが確認して許可しなければ、低酸素室で運動することはできない。また、指先に挟むだけで動脈血酸素飽和度(SpO2)が測定できる「パルスオキシメーター」で、運動前や運動中にインストラクターが血液中の酸素濃度を測って、適宜安全性を確認する。SpO2は平時で95~99%の範囲に保たれているのが一般的で、筆者も測定すると98%だった。

 早速低酸素室に入ってみる。入った瞬間は特に息苦しさはなく、室内外の変化は感じられない。トレッドミルでウォーキングを始めると軽く息が弾んでくるが、きつさや苦しさはない。ここでは、インストラクターの指示に従って歩いたり、走ったりするが、その目安となるのが、SpO2の数値だ。数値を5分おきに計測し、安全性を考慮してその値が85%以下にならないように、運動強度を調整する。筆者はウォーキングを始めて5分後に数値は89%に下がった。さらに軽くランニングをして5分後に測ると77%まで低下。数値を戻すためにしばらくウォーキングすることを指示された。

 そうやって歩いたり、走ったりして強度を調節しながら30分間の運動を終えた。体が温まり、軽く汗ばむ程度で、今ジム業界で流行っている汗だくになって脂肪燃焼するきつい運動とは、正反対の超軽量級のエクササイズだ。

「だから、うちは運動が苦手な人や今までフィットネスクラブに通ったことがない人を主要なターゲットにしている。客層はアスリートが30%、ビジネスマンが30%で、残りの40%が普段運動をしてこなかった女性」と、ハイアルチマネジメント社取締役の新田幸一氏は話す。日本人の中でフィットネスクラブに通っている人はわずか3%程度だ。つまり、ハイアルチは残りの97%を主要なターゲットにしている。だから、他のクラブとは競合するとは全く考えておらず、むしろ新たな客層を発掘している。

 興味深いのがハイアルチの今後の出店戦略だ。1号店の三軒茶屋店は既に会員を約250人も集め好調なことから、まずは同様の低酸素室を備えたスタジオを今年中に5~10店舗展開する予定。だが、その後はジムの形態にこだわらないという。

 例えば、店舗内を低酸素状態にしたカフェや、ホテル、ワーキングスペースなどを視野に入れている。もはや運動とは関係なく、低酸素の環境を他の業態で展開することを目指しているのだ。

 実際にオランダには低酸素カフェがあるそうだ。いわば、高地に住む人と同じ環境を平地であちこちに作っていく戦略で、普通に過ごしているだけで赤血球やミトコンドリアを活性化させる店や施設を想定している。「今はまだエビデンス(健康効果のデータ)がしっかりと用意できていないが、研究機関と協力して今後は明示できるようにしたい」と、同社代表取締役の坪井玲奈氏は意気込む。

 VRサイクルにしても、低酸素室にしても、取り込もうとしているのは、若者や運動が苦手な女性など、従来のメインターゲット以外の客層だ。既存のパイを奪い合うのではなく、最先端のテクノロジーを導入しながら需要を掘り起こしていくことが、人口減や高齢化が進む中、必要な戦略と言えるだろう。

(大来 俊/5時から作家塾(R))

※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら



カテゴリートップへ







コメントを残す