三越伊勢丹HD社長、異例ずくめの退任劇の真相

Home » IT・インターネット » 三越伊勢丹HD社長、異例ずくめの退任劇の真相
IT・インターネット, ダイヤモンド・オンライン コメントはまだありません



百貨店最大手、三越伊勢丹ホールディングス(HD)の大西洋社長が3月末に辞任する。改革の道半ばにしてのトップ交代で、社内外は大混乱に陥っている。“ミスター百貨店”と呼ばれた業界の旗手は、なぜつまずいたのか。(「週刊ダイヤモンド」編集部 大矢博之、田島靖久)

Photo by Hiroyuki Oya、kyodonews/amanaimages

「本意ではなかった。しかし、構造改革に伴う問題はトップである私の責任。だから辞表にサインした」

 3月7日、突然の辞任を発表した三越伊勢丹ホールディングス(HD)の大西洋社長は、周囲にこう漏らしている。

 本意ではない──。この言葉が示すように、三越伊勢丹HDの社長交代劇は、上場企業らしからぬ混乱の中で進んでいった。

 きっかけは3月6日、朝刊の1面に「大西社長が辞任へ」との記事が掲載されたことだった。

 関係者の話を総合すれば「このタイミングでの辞任は本人は望んでいなかった」というが、報道を受け、後任の社長が未定だったにもかかわらず、大西氏の退任だけが会社側から一方的に発表される。

 午前11時、「代表取締役の異動について、明日の取締役会で決議する予定」と、社長交代について異例の“予告”。一方で、後任社長は「未定」で押し切った。

 翌7日午前、三越伊勢丹HD本社に、大西氏と石塚邦雄会長、3人の社外取締役が集まり、指名報酬委員会が開催される。ここでようやく、次期社長として杉江俊彦専務の昇格が決まった。

 その後開かれた取締役会で、大西氏は自ら辞表を提出し、石塚氏も6月の株主総会をもっての退任を表明。そして、指名報酬委の答申通りに、杉江氏の社長昇格が承認された。

 ところがである。後任が決まったにもかかわらず、社長交代の記者会見は開催されずじまい。「新体制が整い次第、会見する」としているが、具体的な日付は9日時点で未定のままだ。

 ちなみに10日には、新たな収益源と期待されていた、レストラン事業の記者会見が予定されていた。それも8日になって突然キャンセル。未定であるはずの「新社長の会見準備を広報が行うため」というのが理由だ。

 突然のトップ交代は、社内にも波紋を広げた。三越伊勢丹HDでは通常、3月初旬から春の人事異動の内示が行われる。今年も、すでに一部の幹部には内示されていたのだが、トップ交代に伴って「全て杉江新社長の新体制で決め直す」(三越伊勢丹HD)として白紙に戻された。

 また、見逃せないのは、7日に発表された人事は、あくまでHDの社長に関してだということ。中核会社である百貨店の三越伊勢丹の社長については、これまた未定のままなのである。

求心力を失わせたマネジメント手法 擁護する役員も不在

 何から何まで決まっていない中、“新聞辞令”で大西氏の退任だけが進むという異例ずくめの展開の背景には何があったのか。

 業界内には、昨年末から社内外に飛び交っていた、大西氏の経営手腕を疑問視する「怪文書」が理由だとの声がある。

 内容から見て、発信源は経営統合以降抑え込まれ反発していた旧三越出身の一派とみられているが、不穏なムードが流れていることを社外取締役などが問題視したというのだ。

 だが、三越伊勢丹HDのある幹部はこうした見方を否定し、「伊勢丹や三越という出身に関係なく、多くの役員や部下が大西さんから離れていった」と打ち明ける。

 大西氏が求心力を失った一因に、「外にしゃべって社内にやらせる」と社内でやゆされていたマネジメント手法がある。

 発端は昨年11月、「抜本的な構造改革」を行うとして、伊勢丹松戸、伊勢丹府中、松山三越、広島三越の4店を名指ししたことだ。

 大西氏には、店舗閉鎖や人員削減を行う意図はなかったのだが、機関決定した内容ではない上に、店舗閉鎖と捉えた取引先から問い合わせが殺到。現場は大混乱に陥り、会社側は火消しに追われた。

 そうしたトラブルがあったにもかかわらず、今年1月にも、統合に伴って店舗が併存する地域について、「集約して構造改革を進めないと立ち行かない」と一部報道機関に話してしまう。

 実は、こうした発言の裏には、経営統合後、構造改革が遅々として進まないことに対する焦りがあった。

「インバウンド特需などによって業績が良かったため、社内に危機感が乏しかった。大西氏は、好調なときにこそ改革すべきだと考えていたが、一向に進まなかった」(三越伊勢丹関係者)

 そこで、「外部にトップの思いを発信することで社内を動かす、つまり“外圧”を使って改革を進めようとした」(同)というのだ。

 しかし、そうした思いは現場に伝わらず、「社員が話せば情報漏えいになるのに、社長が話すのはいいのか」といった不満が澱のようにたまっていった。

 また、“コト消費”をにらんだ成長への布石として、エステや旅行会社を相次いで買収するなど多角化も進めていたが、これも真意が伝わらず、本業以外に手を出すことが許せない社内の一部が反発した。

 こうした事態に直面した大西氏は次第に孤立していく。擁護に回る役員がいなかったからだ。

 もともと大西氏は、旧伊勢丹社長の故武藤信一氏から引き立てられる形でトップに上り詰めた。そのため、周囲に気を使ってか、腹心を身近に置いて体制を固める道を選ばず、役員の多くは“武藤人事”のまま。大西氏の急激な改革に及び腰だったのだ。

 こうして大西氏は四面楚歌に陥り、辞表にサインせざるを得ない状況に追い込まれたというわけだ。

 退任表明後、大西氏は近しい人に「こうした状況になってしまったのは自分の責任。外に対して発信し過ぎたことは反省している」と漏らしている。

 苦戦が続く百貨店業界で、最近まで勝ち組といわれていた三越伊勢丹HD。しかし、インバウンド特需が剥げ落ちて業績が悪化、改革が急務であることは論をまたない。急進的なトップをすげ替え、改革をストップさせてしまうようでは未来はおぼつかないだろう。

※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら



カテゴリートップへ







コメントを残す