TOKYO MXがエムキャスで独自編成のトライアル、同時配信以外の時間帯で(ニュース)

Home » 媒体 » ITpro » TOKYO MXがエムキャスで独自編成のトライアル、同時配信以外の時間帯で(ニュース)
ITpro, IT・インターネット コメントはまだありません



 東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)は2017年10月11日、番組リアルタイム配信サービス「エムキャス」のチャンネル「TOKYO MX1」で、オリジナル編成のトライアルを同日に開始すると発表した。2017年11月11日までの期間限定で実施する。

(出所:東京メトロポリタンテレビジョン)

 ユーザーのアクセス数が多い時間(6時~24時)において、リアルタイム配信のない時間帯において地上波とは別の「エムキャス」オリジナル編成コンテンツの常時配信を行う。「アクセスした時間に配信されていない」といった利用者の声に対応する。コンテンツの第一弾として、ショートアニメーションの「ねこねこ日本史」(第1期全32話) を提供する。

 TOKYO MXは、同時配信コンテンツの充実とともにオリジナル編成コンテンツの可能性を探ることにより、さらにユーザーが楽しめるサービスを目指すとしている。






コメントを残す