RNAを標的とするより安全なCRISPR療法で難病を治療へ

Home » 媒体 » ASCII.jp » RNAを標的とするより安全なCRISPR療法で難病を治療へ
ASCII.jp, IT・インターネット, MITTR(冒頭のみ) コメントはまだありません



CRISPRでRNAを編集してハンチントン病や筋萎縮性側索硬化症(ALS)を治療しようとする研究が始まっている。この治療は、効果が恒久的に持続しないという欠点があるが、通常知られているDNAを標的にするCRISPR療法より安全性が高くなっている。

【この続きをMITテクノロジーレビューで読む】






コメントを残す