<THE決断!ユーザーのIT導入プロセスを追う>AI活用で感情表現に挑戦 おしゃべりコミュニケーションゲームを開発

Home » IT・インターネット » <THE決断!ユーザーのIT導入プロセスを追う>AI活用で感情表現に挑戦 おしゃべりコミュニケーションゲームを開発
IT・インターネット コメントはまだありません

2017/03/16 09:10

[週刊BCN 2017年03月13日付 Vol.1669 掲載]

解説

 ゲーム開発大手のカプコンは、プレイヤーと美少女キャラクターが自由に会話を楽しめるソフトづくりを模索していた。感情表現が豊かな会話を携帯型ゲーム機でどのように実現するかが課題であり、ここに東芝のコミュニケーションAI(人工知能)「RECAIUS(リカイアス)」を活用。カプコン独自の技術も融合しつつ、「めがみスピークエンジン」を開発し、感情表現の課題解決に結びつけた。







【今回の事例内容】





<導入企業>カプコン

カプコンは、「めがみめぐり」をはじめ「モンスターハンター」「バイオハザード」「ストリートファイター」「ロックマン」など人気タイトルを多数もつ大手ゲームメーカー


<決断した人>…






続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。




■おすすめの記事






PR

コメントを残す