シマンテック 「グローバル全域で新たな脅威をすべて把握する」ブルーコートの買収で包括的なセキュリティ対策が可能に

Home » IT・インターネット » シマンテック 「グローバル全域で新たな脅威をすべて把握する」ブルーコートの買収で包括的なセキュリティ対策が可能に
IT・インターネット コメントはまだありません



2017/03/09 09:04

[週刊BCN 2017年03月06日付 Vol.1668 掲載]

解説

 シマンテックは2月21日、東京・大手町でグローバル戦略説明会を開催した。同社は昨年8月に、ウェブセキュリティベンダーのブルーコートシステムズ(ブルーコート)を買収し、エンタープライズ向け製品のポートフォリオを拡大させている。就任後、初来日となった米本社のグレッグ・クラークCEOは、両社製品の強みを統合し、「サイバーディフェンスのプラットフォームとしては、他に類をみないものをつくることができた」と強調した。(前田幸慧)










シマンテック

グレッグ・クラーク

CEO

 シマンテックは近年、セキュリティ事業強化のため、変革を推し進めてきた。2014年10月、情報管理ベンダーのベリタス・テクノロジーズを分社化し、会社としてセキュリティ事業に特化する方向にシフト。16年8月には、46億ドル超を投じて、ウェブセキュリティベンダーのブルーコートシステムズを買収。コンシューマ領域においては今年2月、ID保護サービスを提供する米LifeLockを買収して、製品ポートフォリオを強化してきた。 …









続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。




■おすすめの記事




外部リンク


PR



コメントを残す