パナソニック ハードからソリューションビジネスへ顧客密着体制を整える

Home » IT・インターネット » パナソニック ハードからソリューションビジネスへ顧客密着体制を整える
IT・インターネット コメントはまだありません



2017/03/09 09:03

[週刊BCN 2017年03月06日付 Vol.1668 掲載]

解説

 パナソニック(津賀一宏社長)は、グループ会社のBtoBソリューション事業成長の中核を担う顧客密着型事業体制の構築を狙いとして、AVCネットワークス社を母体に組織再編を行い、2017年4月1日付で新しい社内分社「コネクティッドソリューションズ社」を設立する。「Let’s note」「TOUGH」シリーズを抱えるITプロダクツ事業部もソリューションビジネスに大きく舵を切る。(山下彰子)


ソリューションビジネスを強化

 ITプロダクツ事業部は、国内市場でモバイルPC「Let’s note」を、海外市場で「TOUGHPAD/TOUGHBOOK」シリーズをメインに展開している。16年度の国内PC市場では、過去最高の販売台数を達成する見込みで、モバイルPC市場で過半数を取るほどシェアを伸ばした。ワールドワイドでみると北米市場が回復しつつあり、TOUGHPAD/TOUGHBOOKとも販売台数が伸びている。好調ではあるが、パナソニックはさらなる高収益事業体を目指し、事業方針の変更、組織編成に着手した。

坂元寛明

パナソニックAVC

ネットワークス社常務…











コメントを残す