日本情報技術取引所 沖縄支部の開設によってアジアへの拡大路線を強化 シンガポールや韓国への進出も視野

Home » IT・インターネット » 日本情報技術取引所 沖縄支部の開設によってアジアへの拡大路線を強化 シンガポールや韓国への進出も視野
IT・インターネット コメントはまだありません



2017/03/02 09:04

[週刊BCN 2017年02月27日付 Vol.1667 掲載]

解説

 NPO法人の日本情報技術取引所(酒井雅美理事長、JIET)は2月16日、沖縄支部を開設した。昨年に設立20周年を迎えたJIETは、次の20年を見据えて、積極的に組織の拡大策を推進している。その第一弾が、昨年11月25日に開設したバンコク支部。沖縄支部は、バンコク支部に続く第二弾の支部開設となる。3月には台北支部の開設も予定しており、順調に拡大策を推進している。その後はシンガポールや韓国への進出を視野に入れており、日本のIT産業において大きな課題となっているエンジニア不足の解消に向け、海外人材の活用推進をJIETの使命として注力していく。(畔上文昭)






悲願だった沖縄支部の開設





沖縄支部の活動内容に

ついて説明する

奥園孝二支部長

 システム開発案件の紹介やビジネス創出の機会を提供するJIETは、全国で年間400回以上の商談会や勉強会などを開催している。会員企業は800社を超え、約5万人のエンジニアを抱える国内最大級のIT関連団体である。昨年に設立20周年を迎え、酒井理事長のもとで積極的に拡大路線を推進しており、沖縄支部の設立も、その一環の取り組みとなる。 …









続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。




■おすすめの記事




外部リンク


PR



コメントを残す