ワンビ、PCの不正利用やデータ漏えいを監視オンプレミス型セキュリティ

Home » IT・インターネット » ワンビ、PCの不正利用やデータ漏えいを監視オンプレミス型セキュリティ
IT・インターネット コメントはまだありません



2017/03/16 14:58

ニュース

 ワンビ(加藤貴社長)は、パソコン(PC)の不正利用やデータ漏えいを監視する「TRUST DELETE OP」を3月15日に発売した。


 TRUST DELETE OPは、専用の管理サーバーを顧客のネットワーク内に設置するオンプレミス型のセキュリティソリューションで、VPNやLTE対応タブレット端末で閉域網接続を行う環境に適している。管理サーバーで指定したセキュリティポリシーを、ネットワークを通じて自動で全端末に配布することができ、同時にハードウェアやOSアップデートなど端末の詳細情報を管理サーバーに収集する。

 端末上でポリシーに違反する操作や挙動を検知すると、即座にロックして操作を不能にするため、ネットワークにつながらない端末でも安心して運用できる。また、ネットワーク経由で端末に対してロック命令や消去命令を実行することができるほか、ドライブの全消去機能を採用し、OS領域を含むすべてのデータの消去を実現している。

 従来の「TRUST DELETE」による遠隔操作機能に、ポリシーによる自律監視機能を追加することで、ネットワークに依存することなくPCのセキュリティを実現する。











コメントを残す