スーパーストリーム、SuperStreamが中堅・中小企業で導入社数第1位に

Home » IT・インターネット » スーパーストリーム、SuperStreamが中堅・中小企業で導入社数第1位に
IT・インターネット コメントはまだありません

2017/03/16 14:46

ニュース

 スーパーストリーム(大久保晴彦社長)は3月15日、同社の会計・人事/給与システム「SuperStream」が、矢野経済研究所が行ったERP導入実態法人アンケート調査の中堅・中小企業(年商500億円未満)の財務・会計システム分野で、導入社数が第1位になったと発表した。


 SuperStreamは、会計・人事/給与分野に特化した経営基盤ソリューションで、国内累計で8000社(上場企業は750社)を超える導入実績をもつ。今回、矢野経済研究所が2016年7月から12月に実施したERP導入実態の法人アンケート調査で、SuperStreamは中堅・中小企業(年商500億円未満)429社中32社から財務・会計システムで導入しているERPパッケージとして回答され、導入社数が第1位となった。大手企業(年商500億円以上)も含めた全体調査でも、551社中の38社で導入されており、導入社数が第2位となった。また、人事・給与システムの分野でも同様に551社中の14社で導入されており、国内の大手企業から中堅・中小企業まで「会計・人事給与」分野で、幅広く利用されていることが明らかとなった。

 同社では、今後も「日本の会計・人事を変える。もっとやさしく、もっと便利に」を合言葉に、製品の機能拡充とサービスの向上を図っていく考え。






コメントを残す