クリエイター向けデスクトップ「raytrek」にAMD Ryzenモデルが登場

Home » 媒体 » ASCII.jp » クリエイター向けデスクトップ「raytrek」にAMD Ryzenモデルが登場
ASCII.jp, IT・インターネット コメントはまだありません



10万円強のエントリーモデルながら4コア処理能力とGeForce GTXの充実の性能

2017年11月15日 13時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

raytrek-V MX

 サードウェーブデジノスは11月15日、クリエイター向けパソコン「raytrek」シリーズに、AMD製CPU Ryzen 3 1300Xを搭載したモデル「raytrek-V MX R44」を発売した。

 同シリーズのエントリークラスにあたるものの、グラフィックスにNVIDIA GeForce GTX 1050を装備、メモリー16GBに加えて250GB SSD+1TB HDDのデュアルストレージ構成とすることで快適な作業環境を実現。ミニタワーケースを採用し、DVDスーパーマルチドライブを装備。価格は上記標準構成で10万7978円。

 上位モデルとして、Ryzen 5 1400を搭載する「raytrek-V MX R48」も用意される。16GBメモリーとストレージ250GB SSD+2TB HDD、NVIDIA GeForce GTX 1050を搭載した標準構成での価格は11万87708円。

■関連サイト



カテゴリートップへ






コメントを残す