Fitbit初スマートウォッチ「Ionic」1月日本発売、Pebble開発者集結

Home » 媒体 » ASCII.jp » Fitbit初スマートウォッチ「Ionic」1月日本発売、Pebble開発者集結
ASCII.jp, IT・インターネット, ウェアラブル コメントはまだありません



前へ
1 2
次へ


GPS、NFC搭載、予定価格は3万6000円

2018年1月に発売予定のFitbit Ionic。予定価格は3万6000円

 フィットビット・ジャパンは11月14日、アプリ開発者やユーザーを招いたカンファレンス「Fitbit Developers and Users Conference 2017 Autumn」を開催した。

 フィットビット・ジャパン カントリーゼネラルマネージャー 千川原智康氏が登壇し、Fitbit初のタッチスクリーン スマートウォッチ「Fitbit Ionic」が、日本では2018年1月に発売することを明言した。予定価格は3万6000円。

 Ionicは、同社初のタッチスクリーン スマートウォッチだけあって、初採用の機能が多い。例えばフィットネス関連では、GPSを内蔵し走り出すと自動起動、水泳での自動ラップ計測、Ionic上でのパーソナルコーチング。

 スペック面では、5日間以上持続するバッテリー、2.5GBストレージで音楽再生に対応し300曲以上の保存、NFC、サードパーティーアプリ向けのオープンオペレーティング・システムの提供などだ。NFCはクレジットカードや銀行の決済目的のために搭載されており、日本国内での対応については「対応先を調査中」とのこと。

SDKを積極的に活用、日本の開発者コミュニティーを構築したい

 続いて、Fitbit アジア太平洋地域 製品マーケティングディレクター アレックス・ヒーリー氏が、Fitbitの背景、Ionicの機能を説明した。とりわけ興味深いのが、買収したPebbleが開発・提供していたSDKの遺産を積極的に活用していることだ。すでに9月からSDKやWebベースの開発環境「Fitbit Studio」を公開している。

 ヒーリー氏は「日本の開発者のみなさんには、コミュニティーのなかで日本に最も適したユニークなアプリを開発して欲しい」と話し、「PebbleにできてFitbitでできないことは?」との質問に対して「Pebbleにできなくて、Fitbitでできることはたくさんあります。まず、Fitbitには利用できるセンサーがたくさんありますよ。スクリーンは高解像度。テクノロジーの世代が進化しているのです」と答えた。

ブルーエアー 代表取締役 嶋田智成氏は「Clock Faceを作成する上でのポイント」を紹介

ワールドソフト・イーエス WEBアプリケーションチーム チーフエンジニア 鈴木克明氏が「アプリ開発のポイント・注意点」を紹介した

 またカンファレンスでは、ブルーエアー 代表取締役 嶋田智成氏が「Clock Faceを作成する上でのポイント」、ワールドソフト・イーエス WEBアプリケーションチーム チーフエンジニア 鈴木克明氏が「アプリ開発のポイント・注意点」についてを紹介した。


前へ
1 2
次へ









コメントを残す