ALSIのフィルタリングサービス、NEC製ルータが採用

Home » IT・インターネット » ALSIのフィルタリングサービス、NEC製ルータが採用
IT・インターネット コメントはまだありません

2017/03/15 12:59

ニュース

 アルプスシステムインテグレーション(ALSI、永倉仁哉社長)は3月14日、NEC(新野隆社長兼CEO)のVPN対応高速アクセスルータ「UNIVERGE IXシリーズ」に搭載されるURLフィルタリング機能に、中小規模ネットワーク向けルータ型フィルタリングサービス「サイトアンパイア」を提供すると発表した。


 NECのUNIVERGE IXシリーズは、VPN構築に適した企業向けの高速アクセスルータ。小型ルータとしては業界最高クラスの転送性能・暗号化(IPsec)性能を実現するとともに、ブロードバンド回線のほかにも、ISDNやデータコネクト(NGN)、ワイヤレス回線(無線WAN)、光ファイバー接続など、多様な回線サービスに対応。さまざまなビジネスニーズに対して高いパフォーマンスと信頼性を提供する。

 今回、ビジネスルータ上で動作するフィルタリングサービスのサイトアンパイアが、UNIVERGE IXシリーズのURLフィルタリング機能に採用されることで、ソフトウェア製品と比較して導入・運用コストを大幅に削減し、管理者が手軽にセキュリティ強化を図ることができるようになる。また、UNIVERGE IXシリーズとの連携で初めて、暗号化されたHTTPS通信を復号化せずにフィルタリングし、利用者の機密情報を守りながら不適切なサイトへの通信を制御することが可能となった。なお、すでにUNIVERGE IXシリーズを利用しているユーザーは、Ver.9.5以降のファームウェアにバージョンアップすることでサイトアンパイアを利用することができる。






コメントを残す