無料で”使える”「PowerPoint for iPad」レビュー

Home » 媒体 » All About » 無料で”使える”「PowerPoint for iPad」レビュー
All About, IT・インターネット, パワーポイント(PowerPoint)の使い方 コメントはまだありません



2014年11月7日、遂に「Office for iPad」の日本語版が利用できるようになりました。「Office for iPad」は、iOS端末向けに開発されたマイクロソフト純正のアプリで、パソコンで広く使われている「Microsoft Office」のiPad版です。

海外ではすでに3月に公開されていましたが、今回は日本語版の「Word for iPad」「Excel for iPad」「PowerPoint for iPad」の3つのアプリがリリースされました。

無料でApp Storeからダウンロード

3つのアプリは、iPadの他のアプリと同様に「App Store」から個別にダウンロードできます。特筆すべきは、「Office for iPad」の3つのアプリを無料でダウンロードして使えることです。

私自身、日本語版の「Office for iPad」を待ち望んでいたひとりなので、リリース日に早速ダウンローして使ってみました。

Apps Store画面で「Office for iPad」のキーワードで検索し、アプリをダウンロードする。

Apps Store画面で「Office for iPad」のキーワードで検索し、アプリをダウンロードする。

ダウンロードが完了すると、iPadのホーム画面にアイコンが表示される。

ダウンロードが完了すると、iPadのホーム画面にアイコンが表示される。

iPadのホーム画面にあるアイコンをタップして「Office for iPad」のいずれかを起動すると、マイクロソフトアカウントのサインインの画面が表示されます。取得済みのマイクロソフトアカウントを入力すると、文字の入力や編集、画像の挿入と言った基本的な編集機能が利用できます。

マイクロソフトアカウントを取得していなくてもファイルを閲覧することだけはできますが、「Office for iPad」を使うのであれば、マイクロソフト社のWebサイトでマイクロソフトアカウントを取得することをお勧めします。

ただし、一部の機能は有料のプレミアム版を契約しないと利用できないので注意しましょう。






コメントを残す