NTT西日本、公衆電話ボックスを貸し出し

Home » 媒体 » ASCII.jp » NTT西日本、公衆電話ボックスを貸し出し
ASCII.jp, IT・インターネット, TECH コメントはまだありません



公衆無線LANアクセスサービスや携帯電話キャリアの基地局として

2017年12月12日 18時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

公衆電話ボックスへの無線基地局設置イメージ

 西日本電信電話(NTT西日本)は12月12日、保有する公衆電話ボックスの天井にWi-Fiや携帯電話の無線基地局を設置できるように貸し出すサービスを発表。2018年1月22日より受け付けを開始する。

 自治体や企業などによる公衆無線LANアクセスサービスや、携帯電話キャリアによる提供エリア拡大が進むなか、都市部の建物密集地などでは電波が不安定で、無線基地局の設置スペースが確保しにくいという現状がある。

 新サービスは、NTT西日本が保有する公衆電話ボックスおよそ2.4万台(2016年度末の段階)を無線基地局などに貸し出しするもの(一部の公衆電話ボックスはサービス対象外)。

 貸し出し条件は、公衆無線LANアクセスサービスおよび携帯電話などの無線基地局に限る、公衆電話ボックス1台ごとに1社と契約。2018年1月22日/23日の2日間に抽選受け付けが行なわれるほか、2月1日より先着順申し込み受付も開始する。

■関連サイト



カテゴリートップへ







コメントを残す