紅に染まったG-SHOCK 35周年記念モデル

Home » 媒体 » ASCII.jp » 紅に染まったG-SHOCK 35周年記念モデル
ASCII.jp, IT・インターネット, ウェアラブル コメントはまだありません




液晶部分もレッドに統一:

2017年12月21日 12時15分更新

文● G. Raymond

 カシオ計算機(カシオ)が21日、耐衝撃ウォッチ「G-SHOCK」誕生35周年記念モデルとして、マットレッドのG-SHOCK計5製品を発表。ボディーのみならず液晶部分もレッドに統一した。来年1月19日発売。価格は1万7820円から。

 ボディーには、粒子を塗料に混ぜ込み光沢感をおさえる新たな塗装技術を採用した。裏蓋や遊環などメタルパーツはブラック。裏蓋には35周年記念ロゴ、遊環には「35」をあらわすスターマーク刻印入り。防水性能は20気圧防水。

●製品型番(価格)
「DW-5635C」(1万7820円)
 初代モデルのDNAを受け継いだスクエアフェイスデザイン
「AWG-M535C」(3万240円)
 G-SHOCK初のアナログ/デジタルコンビネーションモデルのデザインを継承
「DW-5735C」(1万7820円)
 初期デジタル液晶丸型デザインが人気を博したDW-5700がベース
「DW-6935C」(1万7820円)
 コラボレーションモデルに多く採用されるDW-6900がベース
「GA-735C」(2万1600円)
 存在感のあるビッグケースが特徴

 G-SHOCKは、開発者が身につけていた腕時計を落として壊してしまったことをきっかけとして、「落としても壊れない丈夫な時計」を生み出すべく1981年に開発をスタートさせた腕時計。200個以上もの試作機と2年の歳月をかけ、1983年に耐衝撃構造を備えた初代モデルが誕生した。2017年8月には世界累計出荷台数1億個を達成したという。

CASIO G-SHOCK
http://g-shock.jp/products/new/

AWG-M535C

DW-5735C

DW-6935C

GA-735C

■関連サイト



カテゴリートップへ







コメントを残す