自販機で当たる確率は2%以下? パワースポットの自販機で検証した

Home » 媒体 » ASCII.jp » 自販機で当たる確率は2%以下? パワースポットの自販機で検証した
ASCII.jp, IT・インターネット, グルメトレンド コメントはまだありません



2017年12月26日 17時00分更新

文● ナベコ

自販機のルーレットに当たる確率は?

 ごきげんよう、今日ものんべろべろりん、アスキーのナベコです。のんべろべろりんなゆえに、日中は外をふらふらしていることが多いので屋外の自販機をよく利用します。この時期のコーヒーは染みるなあ……。

 さて、今回のテーマは自販機

 飲料の自販機で「当たり付き」機能があるものをご存知ですか? 主にダイドードリンコの機種ですが、飲料を購入すると金額表示のところのランプがチカチカ光ってルーレットのように数字合わせをするものがあります。

数字が揃ったらもう1本もらえます。

 数値が揃ったら当たりでなのでその場でもう1本飲料がもらえ、数字が揃わなかったら残念ながらハズレ。

 私は、人から「自販機で当たったから」といって飲料をもらったことがあったのですが、自分で飲料を買って当たった経験はないです。いったい何本くらい飲料を買ったら当たりが出るのでしょうか? 確率をが気になって調べてみましたよ。

■自販機の当たる確率は公開されている?
 調べてみたらとあることがわかった

 検索してみたところ、ダイドードリンコの公式サイト「3分で分かるダイドードリンコ」の中で「当たり付き自販機の確率」というテーマの記事が上がっていました。

ダイドードリンコのオウンドメディア「3分で分かるダイドードリンコ」。

 記事では「具体的な確率は企業秘密なのですが、景品表示法というものがありまして、その範囲内で設定されています。実は自販機によって確立が異なるんですよ」と、ダイドードリンコの自販機営業企画部の方が説明しています。

ダイドーの中の人が自販機の当たる確率について説明。

 なるほど~、具体的な確率は公表していないそうです。ただ、説明を分解すると、以下のことが読み取れます。


1・具体的な確率は秘密
2・景品表示法の範囲内で当たる確率が設定されている
3・自販機にごとに当たる確率が異なる

 2番目の景品表示法というのに着目してみましょう。こちらに関しても公式サイト内で記載があるのですが、「景品類の総額は、懸賞に係る売上予定総額の2%以内」という決まりごとだそうです。

 2%以下ということは100本売れて1、2本あたりが出るということになりますね。



‘;
} else if(google_ads[0].type == “image”) {
s += ‘

    ‘;
    s += ‘
  • ‘;
    s += ‘

‘;
} else if (google_ads[0].type == “flash”) {
s += ”;
} else if (google_ads[0].type == “html”) {
s += google_ads[0].snippet;
} document.write(s);
return;
}
//–>






コメントを残す