iPhoneのスクリーンショットを自由自在につなぎ合わせる「LongScreen」を徹底紹介

Home » 媒体 » ASCII.jp » iPhoneのスクリーンショットを自由自在につなぎ合わせる「LongScreen」を徹底紹介
ASCII.jp, IT・インターネット, スマホ コメントはまだありません



柳谷智宣の「神アプリの説明書」
第119回

2018年01月13日 10時00分更新

文● 柳谷智宣

 ブログやSNSにiPhoneのスクリーンショットを投稿する際、複数の画面をつなげたり、バッテリー残量を隠したいことがあるだろう。画像編集アプリでちまちま作成するのもいいのだが、スクリーンショット専用の画像編集アプリを活用すると手間が省ける。今回は、そんな編集アプリ「LongScreen」の使い方を紹介しよう。

複数枚のスクリーンショットを縦横自由に結合できる

複数枚のスクリーンショットを1枚の画像に結合する

 複数のスクリーンショットを投稿する際、個別の画像としてアップロードすると見にくくなってしまうことがある。そんな時、一連の作業手順などは、並べて1枚の画像にするとすっきりできる。画像の結合は、画像編集アプリで行なうこともできるが、手間がかかることが多い。そんな時「LongScreen」なら、画像を選んでワンタップするだけで結合できるので便利だ。

 まずはシンプルに横に並べてみよう。アプリを起動したらスクリーンショットの一覧が表示されるので、並べたい画像をタップする。その後、右上の「Merge」をタップすれば結合した画像が表示されるので、共有したり保存できる。超手軽ながら、完璧にくっつけてくれるので、便利この上ない。

LongScreen

作者:Shing Cheong Cheung
価格:360円

※アイコンの横の文字をクリックで、ダウンロードサイトにアクセスします。



アプリをインストールする。価格は360円(1月9日現在)だ 写真へのアクセスを許可する



スクリーンショットの一覧が表示されるので、画像を選択し、右上の「Merge」をタップする 結合した画像が表示されるので、左下の共有ボタンをタップする



ほかのアプリに渡したり、「Save Image」で保存したりできる これは結合した画像

 横方向だけでなく、縦方向の結合も可能だ。通常、縦につなげるのは設定画面やウェブサイトなど、スクロールするような連続画面キャプチャが多いだろう。そこで、本アプリでは、縦方向につなげる際、自動的に重複部分を検出し、重ね合わせる位置を調整してくれるのだ。

 試しにウェブページを8画面連続してキャプチャしたスクリーンショットを縦に並べたところ、完璧にくっつけてくれた。もちろん、連続していないスクリーンショットを縦に並べる場合は、ステータスバーを表示したまま結合してくれる。



連続する画像を選択し、「Merge」をタップする 縦長の画像が生成された



拡大しても、きちんとつながっているのがわかる 連続していない画像は普通に結合される








この連載の記事



コメントを残す