Crucialの新型SSD「MX500」シリーズに容量2TBモデルが追加

Home » 媒体 » ASCII.jp » Crucialの新型SSD「MX500」シリーズに容量2TBモデルが追加
ASCII.jp, IT・インターネット コメントはまだありません



Crucial「CT2000MX500SSD1」

2018年01月13日 22時32分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 今週Crucialから発売されたMicron製3D TLC NANDフラッシュを採用するSerial ATA対応の2.5インチSSD「MX500」シリーズに、最上位の容量2TBモデル「CT2000MX500SSD1」が加わった。



Micron製3D TLC NANDフラッシュを採用するSerial ATA対応の2.5インチSSD「MX500」シリーズの容量2TBモデル「CT2000MX500SSD1」

 「MX500」シリーズは、コントローラーにSilicon Motion「SM2258XT」、NANDフラッシュにMicron製3D TLCを採用する2.5インチSSD。9日より250GB「CT250MX500SSD1」、500GB「CT500MX500SSD1」、1TB「CT1000MX500SSD1」の3モデルが発売されていたが、週末になり2TBモデル「CT2000MX500SSD1」が追加された。



価格は6万5000円から

 なお、シーケンシャルリード560MB/sec、同ライト510MB/sec。ランダムリードが最大9万5000IOPS、ランダムライトが最大9万IOPSというスペックは変わらず。書込耐性は700TBWで製品保証は5年間。

 価格はツクモパソコン本店とTSUKUMO eX.で6万5731円、パソコンショップアークとドスパラ秋葉原本店で7万988円となっている。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ







コメントを残す