ソフトバンクC&S、英語学習機能搭載のコミュニケーションロボット(ニュース)

Home » IT・インターネット » ソフトバンクC&S、英語学習機能搭載のコミュニケーションロボット(ニュース)
IT・インターネット コメントはまだありません



 ソフトバンクコマース&サービス(ソフトバンクC&S)は2017年3月17日、米AKASTUDY製の英語学習用人工知能(AI)搭載ロボット「Musio X(ミュージオ エックス)」を、4月14日から販売すると発表した。それに伴い、3月17日から「SoftBank SELECTION オンラインショップ」や一部の家電量販店で予約受付を開始した。価格(税別)は9万8000円で教材セットが12万8000円。会話モードを利用するには月額980円の「Friend Plan」への加入が必要。

Musio X(ミュージオ エックス)

(出所:ソフトバンクコマース&サービス)

[画像のクリックで拡大表示]

 Musio Xは英会話機能と英語学習機能を搭載したソーシャルコミュニケーションロボット。会話モードでは、インターネットからデータを検索して、話しかけた内容に最も適切な答えを判断し、ユーザーと会話する。ディープラーニング(深層学習)基盤のAIエンジンにより、事前にプログラムされていない文章を自ら考えて新しく生成し、会話内容を覚えていくという。

 教材モードでは、友達と会話する感覚でMusio Xとコミュニケーションを取りながら英語を学べる。専用スキャナー「Sophy」で教材を読み取り、目的やレベルに応じた英語学習が可能。教材セットには、アルファベットや単語の発音を学べるフラッシュカード、クイズゲーム形式でヒアリングを学べるボードブック、学研プラスと共同制作して本格的な英語学習が可能なテキストなどを付属する。今後、教材の単体販売や上位レベルの教材の追加なども検討する。

 内蔵カメラやマイクを使って最大5ユーザーまで顔認識や音声認識が可能で、各ユーザーの学習状況を記録できる。スマートフォンアプリ「Musio」と連携して、設定や学習状況を簡単に確認できる。本体は、ARM CortexクアッドコアプロセッサとIEEE802.11b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.0 Low Energyを搭載。バッテリー駆動で約10時間動作する。本体寸法は幅174×奥行き83×高さ218mm、重さは約850g。

製品情報
ソフトバンクのWebサイト






コメントを残す