横浜の代表的私鉄「相鉄」の新車両&首都圏乗り入れの新駅を見てきた

Home » 媒体 » ASCII.jp » 横浜の代表的私鉄「相鉄」の新車両&首都圏乗り入れの新駅を見てきた
ASCII.jp, IT・インターネット, トピックス コメントはまだありません



2018年01月17日 19時00分更新

文● ハシモト/ASCII編集部

相鉄の新車両「20000」系
相鉄の新車両「20000」系

 相模鉄道(相鉄)は1月17日、新車両の「20000」系および新駅「羽沢横浜国大」(仮)について、報道陣向けに公開した。

 相鉄は横浜~海老名、湘南台を結ぶ神奈川県の大手私鉄。2017年12月にグループ創立100周年を迎えるにあたり、導入が発表された新車両が20000系だ。

 当初は2017年12月から営業運転を開始する予定だったが、結局今年の2月11日に営業運転を開始することとなった。

20000系のフロント。ヘッドライトとグリルっぽいデザインが特徴的
20000系のフロント。ヘッドライトとグリルっぽいデザインが特徴的


車内。座席端の仕切りは強化ガラスとなっている

一部の優先席は座席の高さを上げた「ユニバーサルデザインシート」を採用
車内。座席端の仕切りは強化ガラスとなっている 一部の優先席は座席の高さを上げた「ユニバーサルデザインシート」を採用


天井には広告表示モニターを搭載

ドアの上のモニターも21.5インチとデカイ
天井には広告表示モニターを搭載 ドアの上のモニターも21.5インチとデカイ



ドアを開閉できるボタンを車内/車外に搭載。始発駅などで客がドアを開閉できる

全車両にベビーカーや車椅子用のフリースペースを完備する 全車両にベビーカーや車椅子用のフリースペースを完備する

 車体は相鉄ではこれまでになかった濃紺色を採用。車内はパナソニックの「ナノイー」空気清浄機を搭載し、時間帯で色が変化するLED照明や、無線LAN、広告表示用モニターなどを搭載。

 また、窓のブラインドや車内の鏡など、これまで廃止されていた設備も一部復活導入されている。










コメントを残す