シャープ、Celeron G1820TEと4GBメモリー搭載 POSターミナル

Home » 媒体 » ASCII.jp » シャープ、Celeron G1820TEと4GBメモリー搭載 POSターミナル
ASCII.jp, IT・インターネット, SHARP(ビジネス系) コメントはまだありません



2018年01月18日 14時00分更新

文● ラッキー橋本/ASCII

 シャープは1月17日、タッチパネル機能付き15型液晶ディスプレーとPOS用キーボード、レシートプリンターをコンパクトに一体化したPOSターミナル「RZ-A471S」を2月下旬に発売すると発表した。価格は84万2400円前後。

 CPUにCeleron G1820TE、メモリーは従来機(2014年発売のRZ-A390シリーズ)と比べて2倍の4GBメモリーを搭載したことで高速処理を実現したというPOSターミナル。日々の売上集計や在庫管理などの高負荷な処理も素早く実行でき、店舗業務の効率化に貢献するとしている。

 トラブル発生時の安定稼働を支える機能も搭載。売上・顧客情報などのデータを保存する補助記憶装置には耐衝撃性に優れたSSDを採用。またオプションでSSDを増設してバックアップデータをとることもできる。スペックは以下のとおり。

■関連サイト



カテゴリートップへ






コメントを残す