パナソニックと東急電鉄、光ID技術「LinkRay」を活用した情報配信サービス(ニュース)

Home » IT・インターネット » パナソニックと東急電鉄、光ID技術「LinkRay」を活用した情報配信サービス(ニュース)
IT・インターネット コメントはまだありません

 パナソニック システムネットワークスと東京急行電鉄(東急電鉄)は2017年3月15日、パナソニックの光ID技術「LinkRay」を活用した「情報連携プラットフォームサービス」を提供する合弁会社「リンクレイマーケティング」を4月3日に設立すると発表した。最初の取り組みとして、4月からSHIBUYA109や東急線武蔵小杉駅に同サービスを導入する。

(出所:パナソニック システムネットワークス、東京急行電鉄)

[画像のクリックで拡大表示]

 LinkRayは、公共交通機関・商業施設・美術館などに設置したデジタルサイネージや看板からLED光源の明滅パターンをデジタルデータとして送信。スマートフォンのカメラをLED光源にかざすだけで情報を約0.3秒で高速受信できる。QRコードやARマーカーのように受信時に読み取り位置を合わせる必要なく、複数のスマートフォンで同時受信できる。また、1つのIDで複数の情報を提供できるため多言語対応などが可能。

 新会社では、情報連携プラットフォームサービスを、マーケティング用途の「商業施設サービスパッケージ」、ナビゲーション用途の「美術館・博物館サービスパッケージ」、詳細案内・多言語用途の「交通情報案内サービスパッケージ」、広告価値向上用途の「広告サービスパッケージ」の各パッケージで提供する。また、新しいサービスの企画・開発、LinkRay対応の各種アプリ用SDKとクラウドサービスによるログ解析・コンテンツ切り替え機能を持つCMSを提供する。

 SHIBUYA109では、ポップアップストア「Entertainment Pop Up Store『DISP!!!』」において、店内の複数のサイネージ(LED光源)をカメラで読み取ると、イベント情報や特典コンテンツなどを配信する。4月4日から開始予定。

 武蔵小杉駅では、駅構内の案内サインや情報発信スペース「こすぎアイ」の大型サイネージ上部のライトバーを読み取ると、周辺スポットへのルートや方向をスマートフォン画面上に表示する。4月末から開始予定。広告映像と連動してWebサイトを表示するサービスの提供も検討する。

光ID技術「LinkRay」紹介ページ
パナソニックのWebサイト
東急電鉄のWebサイト

コメントを残す