ショート動画で振り返る、2017年の衝撃的テクノロジー

Home » 媒体 » ASCII.jp » ショート動画で振り返る、2017年の衝撃的テクノロジー
ASCII.jp, IT・インターネット, MITTR(全文記事) コメントはまだありません



人工子宮からバック宙ロボットまで、MITテクノロジーレビューが2017年に掲載した衝撃のGIFアニメ/ショート動画を紹介する。

羊の胎児は、数週間液体で満たされた袋で生き延びた。 早産児を助けるための試験は3年以内に始まる。

ドローン宅配で壊れ物の発送を心配している人にとって、解決策があるかもしれない。

幹細胞にはヒト胚に似た構造体に自然に変化する能力がある。

次世代のデバイスで使われる柔軟で軽量な要となる原料で形作られている。

その名も「Robutt」(編注:buttはお尻のこと。robotとbuttの語呂合わせでRobutt)。

日本人は、昆虫がいない世界のために小さな授粉用ドローンを作った。

バクテリアのゲノムに画像を埋め込み、DNAストレージの限界を試験している。

遺伝子編集の化学物質は、受精の瞬間にヒトの卵子に注入される。

ボストン・ダイナミクスは、二足歩行の人間型ロボット「アトラス(Atlas)」にバック宙をさせる






コメントを残す