宝塚大学の卒展で自動車のVRショールームを展示

Home » 媒体 » ASCII.jp » 宝塚大学の卒展で自動車のVRショールームを展示
ASCII.jp, IT・インターネット, VR コメントはまだありません



車体色やタイヤなどが差し替え可能

2018年02月07日 17時30分更新

文● JackMasaki/MoguraVR

 宝塚大学 東京メディア芸術学部 コミュニケーションデザイン研究室は、車のバーチャルショールームを想定したルームスケールVRにおけるUIのデモを、2月17・18日開催の同大学卒業制作展にて展示する。ユーザー自身がVR空間内を歩き回れるほか、オブジェクトとの距離と視線を使ったUIを実装したという。

 車体の色やタイヤの変更など、現実では差し替えの難しい環境をVRで可能にするとのこと。また、VR空間内の距離や大きさに依存しない快適な操作方法を、視線操作UIで模索していくとしている。






コメントを残す