PC業界人の常識はケタ外れと思わせる会話の数々

Home » 媒体 » ASCII.jp » PC業界人の常識はケタ外れと思わせる会話の数々
ASCII.jp, IT・インターネット コメントはまだありません



窓の円盤を何万枚も売った女が語る 『そんなの業界じゃあたりまえっちゃ!』
第26回

2017年04月26日 17時00分更新

文● イラスト●せれろんやまだ


 みなさん! 最近パソコンを作ったのはいつですか?

 ……この質問に違和感を持たない方は、恐らく自作PCユーザーか、業界人です。普通は「最近パソコンを買ったのはいつですか?」になります。

 と、いうように、私のいた自作PC業界にとってパソコンは「買うものではなく作るもの」です。パソコンを買ったという場合、たいていはノートパソコンだったりします。デスクトップパソコンはまず「作る」。

 そのため、パソコンのことについて一般人と会話していると、会話のズレが多々生じます。通じないこともあります。でも、それならまだよい方です。

 ドン引かれることもありますから!

 初めて買ったデスクトップパソコンは販売店オリジナルブランドの私。以降はそれをカスタマイズして長年使っておりました。そして前のコラムのとおり、2台目は完全自作パソコン。そのため、家電量販店の店員さんや、友人らとパソコン関係の会話が成り立たないことも多々ありました。そんな会話の中で、特に「自分ひどい」と思ったものをいくつかご紹介したいと思います。逆に、自分の学びにもなるんですよね。

 あ、ただ、業界じゃ当たり前だと思うんですよ、これから述べることは……。

せれろんやまだ

 大手PC関連デバイス販売代理店で敏腕を誇った“姐御”。現在子育てに悪戦苦闘中。IT業界の“あるある”から“困った”をブッタ切っていくぞ!






この連載の記事



コメントを残す