Facebookで見たくない広告を消すには?

Home » 媒体 » All About » Facebookで見たくない広告を消すには?
All About, IT・インターネット, フェイスブック(Facebook)の使い方 コメントはまだありません



Facebookは広告で成り立っている

Facebookの邪魔な広告を消したい!

Facebookの邪魔な広告を消したい!

地上波のテレビが無料で視聴できるのは、番組の中でCM(広告)が流れるからです。広告主が番組制作費を払うことで、視聴者は無料で番組をみることができるのです。

同じように、Facebookを無料で利用できるのは、広告主が宣伝費を払っているためです。Facebookの広告には2種類あり、Facebookページの投稿を表示するタイプと、外部のWebサイトに誘導するタイプがあります。

現在のFacebookには有料プランがないため、完全に広告を消すことはできません。ただ、見たくない広告を非表示にして、別の広告に置き換えることは可能です。この記事では、広告を非表示にする方法と、そもそもどのような仕組みで広告が表示されるのかを紹介します。

広告を非表示にする

ここではパソコン画面のニュースフィードで紹介しますが、サイドバーや、スマートフォンでも同じ方法になります。広告の右上にある[∨]をクリックして、[この広告を非表示にする]を選択します。

[∨]をクリックして、[この広告を非表示にする]を選択

[∨]をクリックして、[この広告を非表示にする]を選択

表示したくない理由を問われるので、理由を選択して[次へ]をクリックします([×]をクリックして省略することもできます)。これで、選んだ広告が表示されなくなります。

理由を選択して[次へ]をクリック

理由を選択して[次へ]をクリック

逆に、よく使う通販サイトの新商品を積極的に見たいときには[この広告は役に立つ]を選択すれば、優先的に表示されるようになります。

見たい広告には[この広告は役に立つ]を選択

見たい広告には[この広告は役に立つ]を選択

どうやって広告が表示されるのか

広告は、ユーザーのプロフィールやWebブラウザの利用履歴から判断して表示されます。例えば、プロフィールが「独身」であれば、かなりの確率でお見合いアプリの広告が表示されます。また、直前に通販サイトでスマートフォンのカバーを検索していれば、スマートフォンカバーを販売するサイトの広告が表示されます。

こういった広告は「余計なお世話」と感じる人も多いと思います(ガイドもその一人ですが……)。そう思ったら、躊躇せず広告を非表示にして「自分に関係ない」を選びましょう。広告主にとっても、興味ない人に配信するのはお金の無駄遣いなので、結果的にウィン・ウィンの関係になります。

また、広告に性的表現など不快な表現があるときには「不快または不適切である」を選択しましょう。こうすることで、Facebook側が不適切と判断し、広告配信を完全に停止する場合があります。アンケートは任意回答ですが、他のユーザーのためにも、なるべく協力しましょう。

見たくない広告を見せられてイライラするようでは、せっかくの楽しいFacebookが台無しです。この記事で紹介した方法を使って、不快な広告を表示しないようにしましょう。






コメントを残す