Google、個人データを検索できる「パーソナルタブ」を追加

Home » 媒体 » ASCII.jp » Google、個人データを検索できる「パーソナルタブ」を追加
ASCII.jp, SEMリサーチ, Web コメントはまだありません

文●渡辺隆広/SEMリサーチ

2017年05月29日 09時03分更新

記事提供:SEMリサーチ

本文印刷

米Google は2017年5月27日、ユーザー自身が Google に保管しているコンテンツを検索できるパーソナル検索機能を追加した。日本語版からも利用できる。

パーソナル検索は、Gmail や Google Photo、Google Calendar など、ユーザーが Google の各種サービスに保存しているコンテンツを検索できる機能。キーワードを入力して検索すると、関連性のあるコンテンツを検索結果に表示する。Googleアカウントにサインインすることが必要。

パソコン版Googleからは、検索結果画面上部のタブ(検索窓の下)の「もっと見る」(More)をクリックすると、パーソナルタブを見つけることができる。スマホ版Googleからは、同じく画面上部のタブの右端にパーソナルタブが用意される。なお、5月28日時点で、Android版Google検索アプリの検索結果にはパーソナルタブが表示されていない。

現時点で Google Photo と Gmail が対象になっており、Google Drive のパーソナル検索結果は確認できない。

コメントを残す