フォント選びの超時短テク IDEOフォントマップがすばらしい!

Home » 媒体 » ASCII.jp » フォント選びの超時短テク IDEOフォントマップがすばらしい!
ASCII.jp, Web, Webデザイン コメントはまだありません

2017年06月07日 08時00分更新

記事提供:WPJ

本文印刷

まるでGoogleマップを操作するような感覚でフォントを探せる! IDEOが作ったツールなら、希望のGoogleフォントを目で見てすぐに見つけられます。

Google Fontsでは、サイトに簡単に埋め込める多種多様なWebフォントが提供されています。正確には818種類もあるのです。818種類の中からどうやって選べはよいのでしょう? 条件検索でセリフ、サンセリフ、ディスプレイフォント(見出し文字用フォント)、手書き調、モノスペースなど絞り込んでも、たいていは希望と違うフォントのリストをかき分けて探さなければ理想のフォントにたどり着きません。フォント選びには時間がかかりますね。

そこでIDEOフォントマップを紹介します。かしこい機械学習で、デジタルの地図の上に字形が似たフォント(Googleフォント)を分類します。Googleフォントと比べて、IDEOフォントマップを使う利点がを見ていきます。

IDEO Font Map

この記事をWPJのサイトで読む

コメントを残す