メディア関係者なら押さえておきたい、ヘッダービディングを1分で解説

Home » 媒体 » ASCII.jp » メディア関係者なら押さえておきたい、ヘッダービディングを1分で解説
ASCII.jp, Web, Webマーケティング コメントはまだありません



2017年07月25日 08時00分更新

記事提供:WPJ

本文印刷

単価の高い広告を優先的に配信するヘッダービディング。アドテク関係者以外には聞きなれない仕組みの概要をおさえましょう。

メディアの収益の改善が期待されるヘッダービディング(HeaderBidding)を解説します。

ヘッダービディングとは

ヘッダービディング(HeaderBidding)とは、グーグルが提供しているDFP(DoubleClick for Publisher)をはじめアドサーバーの広告リクエストの前に広告リクエストを送って単価が高い広告を返却、アドサーバーにある広告と競って単価の高い広告を配信する仕組みです。

ヘッダービディングは広告配信サーバー(ここではDFP)よりも先にリクエストを送ります。具体的には、WebサイトのHTMLにヘッダービディング用のタグを設置し、あらかじめ設定したSSPやアドエクスチェンジに一斉に広告リクエストを送ります。

ヘッダービディングが登場した理由

ヘッダービディングの登場は、DFPに付随する機能「ダイナミック アロケーション」と、DFPを利用するには、DoubleClick Ad Exchangeへ最初の広告リクエストを送ること、複数SSP運用で価格面や速度面での機会損失が大きく影響しています。

この記事をWPJのサイトで読む






コメントを残す