いまさら聞けないCSSレイアウトの定番手法 Flexbox再入門

Home » 媒体 » ASCII.jp » いまさら聞けないCSSレイアウトの定番手法 Flexbox再入門
ASCII.jp, Web, Webデザイン コメントはまだありません



2017年08月04日 16時00分更新

記事提供:WPJ

本文印刷

floatレイアウトはすでに過去のもの。Webサイトの要素の位置を操作するならFlexboxが定番となりました。出遅れたWeb制作者のために基本を解説します。

テーブルタグが唯一のWebページをレイアウトする手法だった頃を覚えていますか? 表形式のデータを表示するための機能をレイアウトに無理やり使っていたので、タグ名の意味と用途が異なるひどい状態でした。新しい「道具」が必要になり、「正しい」レイアウト方法としてfloatと絶対位置指定による手法が登場しました。

しかしテーブルタグ同様、floatと絶対位置指定の目的はWebサイトを整形することではありません。

主要ブラウザーがCSSで機能する頼れるレイアウトエンジン、CSSグリッドレイアウトをサポートしました。非対応のブラウザーに対する互換措置をすれば十分使えます。

この記事をWPJのサイトで読む






コメントを残す