楽天インテリアトレンド、今年は「アフリカンパンク」

Home » 媒体 » ASCII.jp » 楽天インテリアトレンド、今年は「アフリカンパンク」
ASCII.jp, Web, 通販通信 コメントはまだありません



文●通販通信

2017年09月15日 01時46分更新

記事提供:通販通信

本文印刷

楽天(株)が14日発表した「楽天市場」のインテリア商品のトレンドワードをまとめた「楽天インテリアトレンド2017-2018」によると、17年から18年にかけてのトレンドワードは「アフリカンパンク」「ハッピーカラフル」「スタイリッシュジャングル」となった。

 「楽天インテリアトレンド2017-2018」では、インテリアコーディネーター荒井詩万氏と「楽天市場」のインテリアジャンル担当者が選考委員となり、インテリアのトレンドワードを選出。「楽天市場」での購買データやインテリア業界の最新動向をもとに今年のトレンドワード3点を選んだ。楽天インテリアトレンドの発表は、昨年に続いて今回で2回目。

「楽天市場」商品のショールームも

 「アフリカンパンク」は、ビビッドなアフリカンカラーやエスニック柄にライダースジャケットなどパンクアイテムをコーディネートするのが特徴。アニマル柄やアニマルモチーフとミックスし、エッジの効いた個性溢れる空間を演出する。「ハッピーカラフル」は、明るいイエローの壁紙を採用。すべて違う色やデザインのダイニングチェア、鮮やかなパッチワーク柄で存在感のあるソファ、カラフルな照明や小物類などをコーディネートする。 「スタイリッシュジャングル」は、植物をモチーフにしたボタニカルを進化させたもので、ジャングルやトロピカル柄を採用。相反するスタイリッシュな家具を組み合わせ、洗練されたジャングル空間を創造する。

 「楽天インテリアトレンド2017-2018」の特設サイトでは、トレンドワードにテーマに沿った具体的な商品で紹介し、ユーザーは理想の部屋をつくるために必要な商品を販売している。

  また、サンヨーホームズは14日から、全国5カ所のモデルルームでトレンドワードを「楽天市場」の商品を使って再現したショールームを展示。住まいに関するアンケートに答えると楽天スーパーポイントが500ポイントもらえるキャンペーンを開催している。

■楽天インテリアトレンド2017-2018






コメントを残す