Amazon、Alexaのプッシュ通知機能を開発者向けに公開

Home » 媒体 » ITmedia » Amazon、Alexaのプッシュ通知機能を開発者向けに公開
ITmedia, Web コメントはまだありません



ニュース

» 2018年02月15日 17時51分 公開



Amazonは、スキルからAlexaへのプッシュ通知機能を開発者向けに公開した。


[太田智美,ITmedia]


 Amazon.co.jp(以下、Amazon)は2月15日、スキルからAlexaへプッシュ通知する機能のプレビュー版を開発者向けに公開した。通知機能は、ユーザーとの対話とは異なるタイミングで、スキルからユーザーにメッセージを届けることができるというもの。実装したい場合は、申請フォームからの登録が必要となる。


Alexaプッシュ通知機能

 スキルとは、Alexaに対応したスマートスピーカーで動作するアプリケーションのこと。スキルからの通知メッセージを受け取るには、Alexaアプリから通知の許可設定を行い、スキルごとにユーザー側で選択する。スキルは、通知を有効にしている全ユーザーに同じメッセージを送ることも、ユーザーごとに異なるメッセージを送ることも、一部のユーザーにのみ通知することも可能。また、ユーザー側の設定で、特定の時間だけ通知を受け取らないようにすることもできるという。


Alexaプッシュ通知機能



Alexaプッシュ通知機能
設定の変更もできる

 通知は、通知音とLEDの色でお知らせ。例えば、Alexaから通知音が鳴り、「Alexa、通知は何?」とユーザーが聞くと、「新しい通知が1件あります。〇〇〇から〜〜〜」のようにAlexaが通知メッセージを読み上げてくれる。


Alexaプッシュ通知機能
「Alexa、おやすみモードにして」と言えば、LEDを紫色に点滅させて通知を受け取らないようにできる

 2月15日現在、通知機能には「JR東日本 列車運行情報案内」と「Yahoo!天気・災害」のスキルが対応している。

太田智美


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

‘; html += ‘

‘; e_dlv.innerHTML = html; cX = cX || {}; cX.callQueue = cX.callQueue || []; cX.callQueue.push([ ‘insertAdSpace’, { adSpaceId:adid, width:’100%’, height:190, initialHorizontalAdUnits:1, initialVerticalAdUnits:1, resizeToContentSize:true, renderTemplateUrl:render } ]); }; var insert_ok = function(_target,_str){ e_body.insertBefore(e_dlv,_target); set_dlv(); }; var insert_ng = function(_str){ e_dlv.style.display = ‘none’; }; var main = function(){ var e_nodes = e_body.childNodes; // BODY 直下子要素 var e_tags = []; // BODY 直下タグ var p_num = []; // BODY 直下 P タグ位置 var p_target_num; // 枠挿入基準位置 var o_float = {}; // 回り込み要素 var o_this = {}; // アクティブタグ var o_next = {}; // アクティブタグの次のタグ var flag_insert = 0; // 挿入フラグ // 回り込み要素チェック var check_float = function(_e){ var e = 0; if(_e.id.match(/^col¥d{3}(l|r)$/)){ e = _e; } return e; }; // 要素の Y 座標と高さの合計値 var get_element_y = function(_e){ var ey = 0; var eh = _e.offsetHeight; while(_e){ ey += _e.offsetTop; _e = _e.offsetParent; } return ey + eh; }; var check_ptag = function(_e){ var e = 0; if(_e.tagName && _e.tagName === ‘P’){ e = _e; } return e; }; var try_insert = function(){ p_target_num = Math.floor(p_num.length / 2) – 1; if(p_target_num >= _maxrange) p_target_num = _maxrange; for(var i = p_num[p_target_num]; i = _threshold){ try_insert(); }else{ insert_ng(‘P タグ ‘ + _threshold + ‘ 以下’); } }; if(e_body){ main(); }else{ insert_ng(‘記事本文なし’); }
})(document,4,5);






コメントを残す