ワードプレスを使うメリットとデメリットについて – 日豪プレス

Home » WordPress » ワードプレスを使うメリットとデメリットについて – 日豪プレス
WordPress コメントはまだありません
今日から売れる販促・集客のコツ

しみながら売繁盛!

楽笑マーケティング

「モノが売れない時代」における「売れる」ポイントはただ1つ、「過去の成功体験ほど疑わしいものはない」と気付けるココロです。本コラムは出版・広告業界に15年以上携わってきた著者が、販促・集客のための「気付き」を与え、あなたの“やわらかアタマ”を育てます。

ワードプレスを使うメリットとデメリットについて

ウェブ技術に関する調査サイト「W3Techs」は5月8日、CMS(ウェブサイトなどを構築するコンテンツ・マネジメント・システム)の市場シェアを発表し、ワードプレスが58.9%と、依然圧倒的なシェアを誇っていることが明らかとなりました。同社の統計では全世界のウェブサイトの27.1%がワードプレスで制作されていることも発表されました。

近年では「Shopify」や「Wix」といった無料のCMSがウェブ上で広告を展開していますが、シェアはShopifyで1.5%、Wixで0.7%とごく少数です。

では、ワードプレスを利用するメリット、またデメリットはどこにあるのでしょうか。それぞれ3項目ずつにまとめてみました。

メリット1 SEO対策に最適

最大のメリットがこれです。ワードプレスはグーグルも太鼓判を押すほど、SEOに最適なツールとして知られています。簡単にコンテンツを更新することが出来、SEO強化用のプラグインなどが充実していることが理由として挙げられます。

メリット2 デザインが豊富

CMSは主にテンプレートというデザインのひな形が用意されていますが、ワードプレスはその中でも「テーマ」と呼ばれるデザインのひな形が豊富。最大のシェアを誇るだけにその数は圧倒的です。「テーマ」には有料と無料のものが在り、有料の方が高機能・高デザインとなります。

メリット3 管理が楽に

従来、ウェブサイトは業者が管理するケースが多かったのですが、CMSの普及により専門知識が無くても社内または個人で管理が出来るようになりました。そのCMSの王者であるワードプレスはアクセス解析はもちろん、売上・顧客管理、メルマガ配信などさまざまな管理プラグインが充実しています。

デメリット1 操作が難しい

ワードプレスを紹介するサイトにはよく「サイト構築が簡単」などと書かれてていますが、実際は初心者にはハードルが高いです。慣れるまでに諦めてしまう人が多いので、とにかく最初はたくさん試して覚えるしかありません。

デメリット2 ハッキングされやすい

世界最大シェアのツールだけに、ハッカーに狙われやすいのもやむを得ません。定期更新とセキュリティー設定がされていれば、あまり心配は無いですが、初心者の方の多くがセキュリティーを設定しないまま使用しているようです。

デメリット3 日本語の情報が少ない

多くのITツールがそうですが、やはり「日本語版」は後発となりがちです。そのため、英語が不得意な場合には、最新のプラグインなどでプロユースが望めないことがあります。

いかがだったでしょうか?ワードプレスはスモール・ビジネスのサイト構築に最適なツールと言えますが、自社で運営する際にはしっかりと勉強する必要が有ると言えるでしょう。


森茂樹
●出版・映画会社の角川書店入社後、雑誌記者・情報誌編集者として従事。その後、広告制作ディレクター、専門学校広報など出版・広告業界を渡り歩く(綱渡りだけど!)。現在は、格安ホームページ制作者、販促アドバイザー、翻訳家として活動中。
Web:www.mideax.com

コメントを残す