YouTubeで360°動画でビューワーがどこを見ているか指示する機能が追加! – VR Inside

Home » YouTube » YouTubeで360°動画でビューワーがどこを見ているか指示する機能が追加! – VR Inside
YouTube コメントはまだありません



     

Youtube_logo

YouTubeが360°VR動画のヒートマップが見れる、ヒートマップ レポート機能をYouTube アナリティクスに新しくリリースした。

ビューワーがコンテンツのどの部分に関心をもっているか知ることができ、クリエーターがよりクオリティの高いコンテンツを作るのに役に立たせることができる。

ヒートマップ レポート

Pearl Heatmap

この360°またはVR動画のヒートマップ レポートは1000ビュー以上の動画で使用でき、コンテンツ向上の助けになる、ビューワーがどのようにコンテンツを楽しんでいるか見ることができる。

ヒートマップ レポートではビューワーの視点を追うことができ、動画のどの部分がビューワーの関心をひいているか、またどれくらいの時間その部分を見ているか、正確に把握することが可能だ。

360º 動画の再生とともに、ヒートマップが半透明のハイライトとして元の動画の上に重ねられ、動画のすべてのフレームについて、ビューワーがどこを見たかが表示されるようになる。

YouTubeヒートマップ レポートを使えばビューワーがどこに視点を集中させているか知ることができ、より魅力的なVRコンテンツを制作するのに活かすことができる。

リサーチ

youtube

YouTube クリエーターブログでは、ヒートマップ レポート発表に加え、実際にヒートマップを使って得たリサーチの結果も紹介している。

  • ほとんどの人が目の前の部分を見ている:
  • 360°動画の特徴はビューワーがどの方法にも自由に見渡すことができることだが、驚くことに見ている人はコンテンツ全体のうち75%の時間をビューワーの目の前の90°の角度に映っているものを見ていることがわかった。

    ビューワーは目の前の視点に長い時間集中していることに気をつけて、動画制作することをオススメする。

    見逃してほしくない重要なコンテンツはビューワー正面の部分に出す方がいいだろう。

  • もっと360°を活かした動画を:
  • 多くの時間ビューワーは正面の部分に集中しているが、人気のVR動画の多くでは、ビューワーが360°全体を見渡していることが多く、全体のうち20%のコンテンツがビューワーのうしろで起こっている。

    よりフルシーンを活かした動画はビューワーに360°のビューで見渡したいと思わせることができ、結果人気も上がるようだ。

    マーカーやアニメーションをシーンのいろいろなパートに散らばし、ビューワーの関心を正面以外の場所にもひくようにすれば、よりクオリティの高い動画につながるかもしれない。

  • 対応プラットフォームへの配慮:
  • コンテンツのクオリティだけではなく、内容の違いもビューワーからの人気に関係している。

    モバイルまたはGoogle CardboardなどのポータブルVRヘッドセットでコンテンツを見ている人もいれば、デスクトップコンピューターを利用する人もいる。

    たとえば、Google Cardboardを使用しているビューワーは通常Cardboardで視点を調整するのに数秒かかる。

    その他のデバイスではその必要ないが、アクションが始まる前に数秒間を置くようにするといい。

    プラットフォームに合わせてコンテンツを変えるなど、プラットフォームを考慮して動画を制作することもオススメだ。

    ヒートマップ レポートの使い方

    360 youtube

    利用条件

    • 現在のところ、ヒートマップ レポートはパソコン上の YouTube アナリティクスでの利用のみとなる。
    • 視聴回数が 1,000 回以上の VR 動画のみが対象となる。

    ヒートマップを表示する

    1. パソコンから YouTube アカウントにログインする。
    2. 画面右上のアカウント アイコン > [クリエイター ツール] をクリックする。
    3. [動画の管理] の左下にある [アナリティクス] をクリックする。
    4. [360º ヒートマップ] を選択する。
    5. データを表示する動画を選択する。
    6. プラットフォームを選択する。データを表示する対象として、すべてのプラットフォームを選択するか、プラットフォーム(パソコン、モバイル、ヘッドセット)を個別に選択することも可能だ。レポートで選択できるプラットフォームは、動画の視聴回数が 1,000 回以上のプラットフォームだけになる。

    YouTubeはVRクリエーターの支援に力を入れており、VRインテンスプログラムをYouTube Space LAのVR Creator Labで開始するなど、今後もクリエーターの役に立つ情報やツールなどを公開していく予定だ。

    参照元URL: https://youtube-creators.googleblog.com/2017/06/hot-and-cold-heatmaps-in-vr.html, https://support.google.com/youtube/answer/7407544?hl=ja




    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    TwitterでVRInsideをフォローしよう!

    kaho

    Writer: ニューヨークの大学でFINE ARTを勉強中。VRにはアートスクールで関わり興味を持ちました。これから詳しくなっていけたらと思います。



    コメントを残す